美容整形,失敗,豊胸

美容整形,失敗,豊胸のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

美容整形,失敗,豊胸

美容整形失敗例の三例目はC子さん(21歳)会社員です。

彼女は昔から胸が小さいことをコンプレックスと感じていました。中学

3年生になってもブラが必要でないことが大変な気がかりでした。修学

旅行は体調不良を理由に入浴しませんでした。どうしても裸になる勇気

がありませんでした。その後も友人と旅行にもいけないし、彼氏とのH

の際も気になって仕方ありませんでした。幸いこれまでの彼氏は皆優し

く気にしないように言ってくれましたが、別れてしまった後は自然と結

局そのせいで別れたのではなかったかと関連付けしてしまいます。

彼女はいろいろ考えた挙句、美容外科で豊胸術を受けることにしまし

た。担当医の説明では、一番効果があるのはコヒーシブシリコンバッグ

というプロテーゼを注入する方法と聞きました。もともと痩せ型のC子

さんの場合、脂肪注入法では十分な脂肪を確保することが難しく、効果

は低いとの説明でした。

C子さんはとにかく効果の高い方法を選びたいと思いました。一気に解

決したいと思っていました。そしてほとんど迷わずプロテーゼ注入法を

選択しました。

結果、手術後2,3日は大丈夫でしたが、その後周囲の発赤腫れ、痛みと

痒みが襲ってきました。結局拒否反応かアレルギー反応とのことで再手

術を余儀なくされました。

現在C子さんは通院中ですが、皮膚障害の痕跡がどれだけ消えてくれる

かそれが心配です。

何が問題だったかわかりますか?

実はC子さんの情報不足なんです。もちろん医師側にも問題がありま

す。あくまで効果の高い方法を勧めています。現在プロテーゼの安全性

は確立されていません。アメリカではここの十分な説明と特別に許可さ

れた医師のみが施行できる厳密な取り決めがありますが、日本ではまだ

なされていませんし、美容整形の学会でもまだ議論中です。こういった

情報を持ち合わせず効果のみを求めるのは危険なんですね。

スポンサードリンク

美容整形失敗しないためにの美容整形,失敗,豊胸のリンクについて

美容整形失敗しないためにの美容整形,失敗,豊胸のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。