美容整形,失敗例一

美容整形,失敗例一のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

美容整形,失敗例一

いくつか失敗例と成功例をご紹介いたします。これらはこれまでの実際

に起こった事実に基づいて作成したものですが、登場人物等は架空とい

うことになります。個人情報保護やその他の問題に配慮した結果です。

ご了承ください。

ここでひとつお願いがあります。

臆病にならないでください。この真意はあなたが美容整形に取り組む姿

勢を積極的にして応援することにあります。ですからこれから述べる実

例は、何がいけなかったのか考えてみてください。

美容整形の失敗例一例目は美代子さん(仮名)22歳女性です。

彼女は幼いころより一重まぶたがコンプレックスでした。最初にそれを

自覚したのは友人との会話からです。

「A君って二重の子がタイプなんだって」

A君は美代子さんが中学校に入学してからずっと好きだった初恋の相手

です。もちろん片思いです。

美代子さんは大変ショックを受けました。A君に特別何か言われたわけ

ではないのにA君に振られたような気になりました。普通に学校で声を

かけられても(それまで美代子さんの方から良く話しかけていたのに)

そっけなくなってしまいました。A君もだんだん彼女に近寄らなくなり

ました。別々の高校に進んだあと、風の便りでA君は二重のすごい美人

と付き合っていると聞きました。美代子さんは「やはり二重じゃないと

だめなんだ」

そう思いつめるようになりました。

社会人になり、勤めるようになったあとも、同期の二重の子がどうも男

性社員からちやほやされているように思える。そんな時雑誌の広告に目

が留まりました。

「あなたもプチ整形で人生を変えませんか?」

美代子さんは何かが気持ちの中ではじけました。これしかない。

そして迷わずその場で電話をして予約をとりました。

恐る恐る病院にいくと、ホテルのロビーのようなきれいな待合室。スタ

ッフもみんな笑顔で優しい。先生もにこにこ丁寧に説明してくれまし

た。

「来て良かった」

そう思い、先生が勧める埋没法という方法で二重にすることにしまし

た。これに決めた理由は特にありません。強いて言うと、先生が勧めた

こと、よくわからないので勧めることに心を任せたこと、そして腫れが

数日で引いて周囲の人にわかりづらいというのが理由でしょうか。

手術は思いのほか簡単でした。

しかし、

腫れは1ヶ月以上経っても引きません。何度も受診しましたが、意外と

時間がかかることもあると聞きました。数日で腫れが引くはずだったの

に。

しかも1年ほど経ったらまた一重に戻ってしまいました、、、、。


どうでしょうか。何が問題だったでしょうか。

まずはこの美容整形側に問題があったでしょうか。実はそれほど問題は

ないのです。驚くかもしれませんが、美容整形側は通常文書でも口頭で

も説明が必ずあるはずです。うまくいくこととうまくいかないことと。

もし、仮にうまくいかないことを説明していなかったとしたら、それは

病院側にも問題がありますが、確認しない美代子さんにも落ち度がある

ことになるんです。

他人任せにしない。自分の人生を変えるなら、自分もしっかりと情報を

聞くことです。

埋没法はとてもいい方法です。身体にかかる負担は少ないですから。し

かし、思ったより腫れが長引くこともあるし、切開法より元に戻る可能

性は少々高いのも事実です。その両者を良く比較することは手術を受け

る側がしっかりと認識してください。

スポンサードリンク

美容整形失敗しないためにの美容整形,失敗例一のリンクについて

美容整形失敗しないためにの美容整形,失敗例一のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。